売上の一部はバングラディッシュの支援へ

世界を旅して体感した貧困国の苦しい現実
Raffaelloが世界のためにできること

Raffaelloでは売上の一部をバングラデシュの支援活動に寄付しています。
バングラデシュは世界最貧国の一つであり、路上で生活するストリートチルドレンが33万人以上いると言われています。ストリートチルドレンは、荷運び、靴磨き、ごみ拾い、売春などで生活しています。首都のダッカでは車の渋滞時に止まっている車に子供達が物乞いをして現金を得ている姿がよく見られます。バングラデシュの工房や工場では生活に困窮している一家に目をつけ不当に安い賃金で子供を働かせている事例がまだまだ多いのが現状です。Raffaelloはそのような子供達が不当に労働させられている工場とは決して提携をしません。ストリートチルドレンは恵まれない環境で育っただけで、他の子供達と何も違わず未来の可能性に溢れています。歴史の伝承者であるRaffaelloはストリートチルドレンを支援し、未来の夢と可能性を紡ぎます。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider